ゆっくりBakingな暮らし@cafeパートⅡ
日々のお菓子&パン作りをお伝えします。
今月のkuraso日和


今月の「kuraso日和」は25(木)~27(土)、
私の お菓子販売は26(金)、27(土)の2日間です😃


てしごと舎kurasoの実店舗では、作家さん、職人さんの
心のこもったてしごと品の数々を手に取ってご覧になれます。
今月もさらに素敵な作品が入荷しておりますよ^^

お店は明日からです、
是非お越しください!!

「kuraso日和」商品等、お店の最新情報は  「てしごと舍kuraso」のblog、kuraso日記 
および 「てしごと舎kuraso」のHP をご覧ください。

地図など詳細は 「てしごと日記」のカテゴリー「実店舗について」 をご覧くださいね。





 ありがとう☆
michoumamaのレシピブックはこちらです☆ 
にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村

過去のレシピ一覧はこちらから

つくばで小さなお菓子教室をしています。
ミル・ガトーお菓子教室のブログにも遊びに来てくださいね♪


フレッシュベリーの贅沢タルト♪

フレッシュベリーズ山盛りのタルト♪

松野木ベーカリーファームさんの
摘みたてボイセンベリーとラズベリーたち↓

右のグミの実は夫が職場で摘んできてくれたものです*^^*
→グミではなくユスラウメだったようです。
(サク子さん、ありがとうございます☆)
しっかし種が大きくて加工が難しかったです^^;

すぐにお菓子作りに取りかかることが
できなかったのですが、
松野木さんのご主人にすすめられた50℃洗いのおかげで、
良い状態のまま冷蔵庫で待っていてくれました。

シュクレ生地にこのごろ何度もリピしている
フラン生地を流し、ラズベリーも一緒に焼き込んでます。

冷めてからクリームチーズと水切りヨーグルト入りの
生クリームを絞り出し、

ベリーを並べまたクリーム…と重ねてドーム状にしたら
表面をベリーで覆い作りました❤


 ありがとう☆
michoumamaのレシピブックはこちらです☆ 
にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村

過去のレシピ一覧はこちらから

つくばで小さなお菓子教室をしています。
ミル・ガトーお菓子教室のブログにも遊びに来てくださいね♪


こんなにたっぷりの新鮮なラズベリーやボイセンベリーを
ふんだんに盛り付けたタルトはまさにこの時期ならではの贅沢お菓子でした^^
松野木さん、ありがとうございました♪

~*~*~*~*~ 

今月のKuraso日和は25(木)~27(土)10時~16時に開催です♪

私のお菓子は26(金)と27(土)の二日間、販売します☆

是非おこしください^^

地図など詳細はこちら ⇒ ★






青梅の翡翠煮

今季は以前から作りたいと思っていた
青梅の翡翠煮に挑戦しました。

出始めの固くしまった青々とした梅を使います。
実験のため、500gずつ3つに分け、
残りはジャム用に♪

針うちをした梅をゆっくりと茹でます。

加熱により一旦色があせます。

銅鍋で茹でて色が戻ったところ↑
(水さらしはステンの鍋でしました)

シロップをつくって梅を戻し、
ゆっくりと含ませてゆきます。

これが大筋ですが、
今回は針うち後、

①すぐ弱火でゆで始め色が変わったら水を替え一晩さらす。銅鍋でグリーンになるまで茹でる。

②10%の塩水に一晩漬け込みそのまま銅鍋にあけ、かぶるくらいに水を足して茹でる。水に渋と酸味が出たら流水を入れ完全に冷えたらふた晩さらす。銅鍋でグリーンになるまで茹でる。

③10%の塩水に3日間漬け込み1日塩抜きしてから新たな水で茹でる。水に渋と酸味が出たら水を替えて一晩さらす。銅鍋でグリーンになるまで茹でる。

という具合にしてみました。

 ありがとう☆
michoumamaのレシピブックはこちらです☆ 
にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村

過去のレシピ一覧はこちらから

つくばで小さなお菓子教室をしています。
ミル・ガトーお菓子教室のブログにも遊びに来てくださいね♪


大切なポイントは
・皮が破れないようにする
・翡翠色に仕上げる
・酸味を抜きすぎない&えぐみを残しすぎない

だと思われます。
①は、慎重にゆでても皮が破れ易く、えぐみ酸味ももう少し抜きたいところ。
数日でシロップが茶色がかってきました。

②は、塩で絞めているので明らかに皮は破れにくく、92℃くらいの高温にしても大丈夫でした。高温だからか塩のせいか、銅鍋にしてからの色戻りも比較的早かった気がします。
ただ、水さらしは二晩は長すぎたようで、酸味がちょっと抜けすぎました。

③になると皮は強靭で(笑)うっかりしてぼっこんぼっこん沸騰させてしまったのですが、全然破けてませんでした😅
味見はまだですが、たぶん良い感じに仕上がってます。

詳細は書くと長いので省きますが、
青梅のこと、銅鍋のことetc.
いろいろ調べ勉強できたので、
来年はより美味しい翡翠煮を作りたいな、
と思いを馳せつつ瓶詰めしてマリモのような梅たちを眺めています😃






新生姜のシロップ

新生姜のシロップ♪

手間なし、すぐできちゃう
おすすめレシピです。

きれいに洗った新生姜は
赤い部分も全て1mmくらいに
スライスして、清潔な瓶にハチミツ
(または好みの砂糖)と交互にどんどん入れてゆきます。
量は生姜と同量~倍くらい。

瓶の口にラップをふんわりかけて、
レンジで沸騰するまで加熱。
あとはレモン汁を好みの量加え、
冷めたら冷蔵庫で保存します。

今回は糖分としてザラメとゴールデンシロップを半々で使いました。
粉末の砂糖だけの時は適宜最小限の水分を足してチンしてください。

白い砂糖だとピンクで美しい色になりますが、味がシンプルすぎるので^^;

生姜と砂糖が同量だと辛めでシロップの量も少ないですので、
シロップの原液は甘いもの、と割り切って
倍近く入れてレモン汁で調整すると美味しいです😁

カルピスのように5倍くらいの炭酸水で割って、
寒いときは熱湯で。

これはずっと以前、寒い季節にblogでご紹介したことがあるアイディアすが、
これから旬の新生姜で作る方が辛すぎなくておすすめなのです。

残った生姜は鍋で水分飛ばすかオーブンで乾燥焼きして
セミドライジンジャーにすると、
お茶請けにお菓子の材料にも使えます♪

瓶ごとチンでとっても簡単&美味しいので、
是非お試しあれ~❤





 ありがとう☆
michoumamaのレシピブックはこちらです☆ 
にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村

過去のレシピ一覧はこちらから

つくばで小さなお菓子教室をしています。
ミル・ガトーお菓子教室のブログにも遊びに来てくださいね♪

エシャレットとらっきょう

6月3日(水)

スマホから更新🌿

おはようございます😃
今朝はどんより空です☁☔☁

唐揚げ、肉団子、
竹輪クルクル🌀、
煮南瓜のチーズ焼き、
煮らっきょう、なと。

らっきょうが出回る前に直売所でエシャレット(仏のエシャロットとは別物)が並びます。
らっきょうよりスリムで、生で味噌をつけて食べたりするのですが、
実は太らせるとらっきょうになるようですね(笑)

種業者さんによると
「エシャレットは若採りのらっきょうだ」とのことです😁

それはそうとして、
最低限の水分で煮たエシャレットやらっきょうは、ねっとりとして独特の食感と味わいになります。
箸休めにもご飯のお供にもぴったりですよ~😃



 ありがとう☆
michoumamaのレシピブックはこちらです☆ 
にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村

過去のレシピ一覧はこちらから

つくばで小さなお菓子教室をしています。
ミル・ガトーお菓子教室のブログにも遊びに来てくださいね♪



プロフィール

michoumama (ミシューママ)

Author:michoumama (ミシューママ)
12年間以上の海外生活に終止符を打ち、
日本に帰国後も大好きなパン&お菓子作りを続けています。
製菓衛生師、大学生になって家を出た娘を
想いつつ猫のらいちに癒される日々。
茨城県つくばにてお菓子教室をしています☆
単発レッスンなので、お気軽にご参加ください♪


つくばのお菓子教室Mille-Gateaux 
のサイトはこちらから


若かりし海外時代のことを書いた
拙いHP
も訪ねてみてください^^;



FC2カウンター


現在の閲覧者数:

~レシピについてのお知らせ~
現在レッスンで使用しているレシピ、または使用する予定のものについては今のところ公開しないことにしております。
どうかご理解くださいますように。



By FC2ブログ



 お知らせ

お勧めブログ2




Instagramは日に数回投稿しています♪
blogにアップしない画像もありますので、 興味のある方はのぞいてみてくださいね☆
↑表示されず真っ黒な時は
こちらからも見られます → ミシューママのインスタ
   

リンゴのジュレのラベルが
プリント生活」で紹介されました。
ラベル作りに興味のある方は 参考になるアイディアが満載です☆
↓↓ぜひ見に行ってくださいね!!
 printseikatsu


PHOTOHITOブログパーツ







カテゴリー



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する





 ">cotta 



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ