ゆっくりBakingな暮らし@cafeパートⅡ
日々のお菓子&パン作りをお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅シロップ(クイック法)
umesyrop-1.jpg
今年も梅の季節になりましたね~♪
我が家では毎年梅シロップを作り、
夏場は炭酸で割って家族で飲んでます♡

6月のレッスンのウェルカムドリンクとしてもお出ししているのですが
今年は1年生のレッスンが第一週だったため、
出始めの梅を買って速攻で仕上げねばならない状態でした^^;
umesyrop-1-3.jpg
そこで、仕込みの当分はグラニュー糖、
そして梅は串で刺すのではなく、
十字に深く(種まで)切込みを入れる、という方法でしてみましたよ^^

これが大正解で、
通常の「氷砂糖+竹串で穴あけ」に比べて1/3くらいの日数でできあがりました☆

3日くらいから飲めるようになり、砂糖が完全に溶けたのは5日ほど。
浅漬けっぽいイメージで、梅が爽やかさっぱりして爽快な味わい♪

ちなみに、瓶に入れた梅シロップを野菜室等で保存すると
1年ほどたったものは琥珀色にトロリと熟成され
それはと~っても美味しくなるのです!

今回は2kg分、すぐ飲みきってしまうので
保存用も再度仕込まなくてはね(^_-)-☆



 ありがとう☆
michoumamaのレシピブックはこちらです☆ 
にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村

過去のレシピ一覧はこちらから

つくばで小さなお菓子教室をしています。
ミル・ガトーお菓子教室のブログにも遊びに来てくださいね♪
umesyrop-1-2.jpg
【梅シロップ(クイック法)】

梅 適宜
砂糖 梅に対して70%ほど

1.梅はきれいに洗い、水けをふいてヘタの黒いところを楊枝などで取り除く
2.清潔な瓶に砂糖、梅、砂糖…と重ねながら詰め蓋をして冷暗所におく
3.一日に1~2回振って梅のシロップを抽出する
4.砂糖が溶け切ったらできあがり

この方法だとあっという間に水が上がるので
発酵してしまうこともなく、らくちんです。

できあがったら梅はそのままでも良いですが
保存するなら梅を取り出しシロップのみさっと加熱して
瓶に入れ冷めたら野菜室保存しています。

残った梅の実は、柔らかいものであれば
種を取り除いて砂糖を加え、ジャムになります。

以前は固いものも種を取ってセミドライにして
焼き菓子などに入れ楽しんでいましたが
今年は手が回らないだろうな…^^;

過去の記事はこちらから↓
セミドライ梅 → ☆





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://michoumama.blog119.fc2.com/tb.php/1240-372098c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

michoumama (ミシューママ)

Author:michoumama (ミシューママ)
12年間以上の海外生活に終止符を打ち、
日本に帰国後も大好きなパン&お菓子作りを続けています。
製菓衛生師、大学生になって家を出た娘を
想いつつ猫のらいちに癒される日々。
茨城県つくばにてお菓子教室をしています☆
単発レッスンなので、お気軽にご参加ください♪


つくばのお菓子教室Mille-Gateaux 
のサイトはこちらから


若かりし海外時代のことを書いた
拙いHP
も訪ねてみてください^^;



FC2カウンター


現在の閲覧者数:

~レシピについてのお知らせ~
現在レッスンで使用しているレシピ、または使用する予定のものについては今のところ公開しないことにしております。
どうかご理解くださいますように。



By FC2ブログ



 お知らせ

お勧めブログ2




Instagramは日に数回投稿しています♪
blogにアップしない画像もありますので、 興味のある方はのぞいてみてくださいね☆
↑表示されず真っ黒な時は
こちらからも見られます → ミシューママのインスタ
   

リンゴのジュレのラベルが
プリント生活」で紹介されました。
ラベル作りに興味のある方は 参考になるアイディアが満載です☆
↓↓ぜひ見に行ってくださいね!!
 printseikatsu


PHOTOHITOブログパーツ







カテゴリー



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する





 ">cotta 



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。